トップ  >  その他  >  初!フルマラソン挑戦!! 多摩川チャレンジフルマラソン

初!フルマラソン挑戦!! 多摩川チャレンジフルマラソン
2013年11月24日

こんばんは。

今年の目標の一つである「フルマラソン(42.195km)完走する」を達成するため、11月23日(土)「多摩川チャレンジフルマラソン」に参加しました。

月曜日にひいた風邪が治らず参加を辞退しようとも考えましたが、薬を飲みまくり前日には熱は治まり、咳は止まりました。とりあえず会場の最寄り駅である川崎駅に行き宿泊。
川崎駅の人ごみに圧倒されながら、「ラゾーナ川崎」にあるバス停で明日乗るバスの時間をチェック。
川崎駅周辺はとても賑やかです。東口の仲見世(なかみせ)通りは機会があったら行ってみたいです。

当日、起きると軽い鼻づまりがありました。朝食をホテルで済ませバスで多摩川へ。
受付を済ませ辺りを見渡すとそこは私がドラマでよく見る日曜日の河川敷の風景でした。

多摩川フル3  多摩川フル2

最高の天気です。そして金八先生によくありそうな光景でした。
第11回いちのみやタワーパークマラソン大会に参加しました。」の経験を生かし、保温に努めストレッチをしてゼリーでエネルギー補給をします。レース開始30分前にトイレに行くと…

多摩川フル1

長蛇の列です。トイレに行けたのはレース5分前でした。緊張感を保ちながら待っていると軽い空腹感があります。

そしてレーススタート。1kmぐらい走ったところでめの前に「YOU CAN DO IT!」と背中に書かれた服の人が走っていたのでついていくことに。
ちょっと早いかなぁ というぐらいのスピードですが、「お前ならできる!」と目の前で言われているので走っているとアッという間に10km地点まで走れました。「なんだか今日は行けるぜっ!」と根拠のない自信に確信を持ちタイムを確認すると、なんと51分ぐらいです。驚異的な早さです。1月に走ったいちのみやタワーパークマラソンでは公式タイムが55分53秒だったことを考えれば、自分にとって驚異的なスピードです。走りきることを考えた10kmより早いことに驚きながら、日ごろのトレーニングの成果か!と納得していました。
何といっても目の前に「YOU CAN DO IT!」と励ましてくれるので、頑張るしかありません。

そして、ハイテンションで15km地点で補給水を受け取った時に「YOU CAN DO IT!」と距離ができてしまいます。慣れていないのでモタモタしてしまいました。そこから10m離れた状態でなんとかついていき、17kmぐらいで急に足が重たいような感覚に襲われ、ドンドン失速していきました。

気分が悪いわけではありませんでしたが、とにかく足が重くまるで水の中を進んでいるようでした。なんとかハーフ地点の記録ポイントまで行き、エネルギー補給をしましたが全身がだるくて走るのがしんどくなりました。リタイヤしようか迷いましたが、せっかく川崎まで来たし、今年の目標だし、などと色々考えた結果、走ることにしました。

足が重いのでストレッチしながら走りますが、ほとんど歩いているようなスピードなのは明らかに分かっていました。途中からは一定距離走ったら歩くという作戦で進みました。歩いている人にも抜かれているので、この作戦が良かったのかどうかも分かりませんが、とにかく前に進みました。鼻づまりがつらくなってきたので一定間隔で設置してある水道で鼻をかみ、水分補給をしましたが、5時間経過した時点で係員の方にリタイヤを言い渡されました。制限時間6時間の中で完走できそうにないのは薄々気がついていましたが、改めて他人から言われると愕然としました。

アイフォンで測定していた距離を確認したら、34.42km タイムは5時間5分でした。
車でスタート地点まで連れて行ってもらう途中、まだ走っている人を見るとそこにいるはずの自分が車に乗っていることにとても違和感を感じました。

こうして初フルマラソンの挑戦はリタイヤで終わりました。

多摩川・ハーフ認定証

ハーフの時点で2時間22分なので、その後は約2時間半かけて12kmしか進んでいないことになりますね。
これで来年の目標が一つ確実に決まりました。

来年こそはフルマラソン走りきる!  です。

ではまた。

マラソンの思い出 | トップページへ戻る | 寄生獣 映画化!

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ