トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  邦画 コメディ  >  謝罪の王様

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリム/GRIMM | トップページへ戻る | 闇金ウシジマくん

このページのトップに戻る

謝罪の王様
2014年04月06日

こんばんは。

3月下旬から仕事が忙しくなりすぎて、充実感を通り越して疲労ばかりが体中を駆け巡っています。さっさと家に帰ればいいのに、現実逃避しようと退社時間が遅くても本屋に逃げ込んでしまいます。
そんな中、本を買いました。

  

現実逃避するために本屋に行き、本を買ってまで仕事のことを考えようとしてしまう… 本末転倒です。
ジャズは以前からちょっと興味があったので買ってみました。一年に渡るシリーズを聞いていると「ジャズ耳」なるものが養成されるそうです。聴くだけでペラペラ!のような広告文句ですが、音楽の成績はずっと”2”だった私にもジャズ耳が養われるのか不安です。このブログを書いている今も聴いています。

ジャズ耳が養われなかったら謝って欲しいものです。
そんな私が観た映画は「謝罪の王様」です。



脚本:宮藤官九郎
監督:水田伸生
主演:阿部サダヲ

ストーリー
依頼者たちに代わって謝ることで、多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲(阿部サダヲ)。ついには日本を救うまでになる。

『舞妓Haaaan!!!』もそうでしたが、ハイテンションムービーです。同じ作品を観ているような錯覚に陥りそうでした。『舞妓Haaaan!!!』を観ているとこの作品はくどいかもしれません。また、ギャグはちっとも面白くありませんでした。ストーリーはオムニバス形式ですが最後は一つにまとめられて楽しめます。

しかし、映画館で観なくて良かったと思いました。最後はE-Girlsのプロモーションビデオになっていたのも不満です。

本作品とは関係ありませんが、『謝る』をテーマにした「どげせん」という漫画は面白かったですよ!こちらは土下座で高校の非常勤講師から正職員になり、挙句の果てには酔っぱらった勢いでエイリアンから地球を救いました。1巻~3巻まで発売されています。



ではまた。

グリム/GRIMM | トップページへ戻る | 闇金ウシジマくん

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。