トップ  >  洋画  >  スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア
2014年10月05日

こんばんは。

先週、風邪をひかないようにしたいと書きながら風邪をひいてしまいました。昼はラーメンを食べ、連日飲みに行っていれば当然の結果かもしれません。土日はおとなしく家で過ごしていました。

さて、突然ですが、10月8日は皆既月食が発生します。19時25分~20時25分が見頃だそうです。日本全国で観られるこの天体現象を観てはいかがでしょうか。これを見逃しても2015年4月4日に日本で観ることができます。

消費税増税前に一眼レフカメラを買ったので皆既月食をカメラに収めてみたいと思います。文化的な趣味を持ちたいという漠然としたきっかけで始めたカメラですが、やってみるとこれがなかなか面白いです。やってみると色々付属品が欲しくなりますが、そこで必要なのがお金…

お金と知識はいくら貯めても損はないと言いますが、私にはなかなか貯まらないです。つい一攫千金を夢見てしまいます。今日観た映画も一攫千金が描かれています。

「スラムドック$ミリオネア」

    


監督:ダニー・ボイル
出演::デーブ・パテル アニール・カプール 他
第81回アカデミー賞
  作品賞・監督賞・脚色賞・撮影賞・編集賞・録音賞・作曲賞・主題歌賞 受賞
第66回ゴールデングローブ賞
  最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀作曲賞



ストーリー
青年は、世界的人気番組「クイズ$ミリオネア」において一問を残して全問正解、一夜にして億万長者のチャンスを掴む。だが、スラム出身で無学であるため、不正の疑いをかけられ、番組の差し金で警察に連行され、尋問を受けることになってしまう。そこで彼は生い立ちとその背景を語り始める。

120分があっという間でした。インドのスラムの過酷な現実を生き抜くことが、クイズ正解に繋がっていくという展開が面白いです。スラムの世界を伝えながら、サスペンスとエンターテイメントな作品に仕上がっており、ラストにはラブストーリーとしての感動も味わえます。

ただ、現実問題として残酷過ぎるほどの貧困の現実を伝えています。こうやって書くと自分が日本に生れて良かったと実感します。また一攫千金を夢見る自分が非常に小さく見えてしまいました。

それでも知識とお金は欲しいですけどね!

ではまた。


鑑定士と顔のない依頼人 | トップページへ戻る | アナと雪の女王

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ