トップ  >  その他  >  激走!フルマラソン!!

激走!フルマラソン!!
2014年11月02日

こんばんは。

平成26年10月26日(日)いよいよフルマラソン完走に向けての挑戦が始まりました。

朝5時、起床してパスタとおにぎりを食べます。さらに6時にもおにぎりを一個食べ、エネルギーを蓄えていきます。7時15分、受付会場の庄内緑地公園に到着。格好や雰囲気で大会に出る人というのはすぐに分かります。黙々と公園内を歩いて行きますが、皆さんとても速そうです。

受付を済ませ、おにぎりを一個食べます。お腹はかなり一杯な状態ですが、エネルギー切れを起こさないようにしっかりと食べておきます。8時に上司のMさんと合流し、9時までの時間を過ごします。前回の大会もそうでしたが、やはりトイレは長蛇の列ができていました。会場に入る前に済ませておいたほうがいいですね!
荷物を預かって係りの方に預かっていただき、ゴール付近をウロウロします。

荷物預かり番号 このゴールゲートを早く通過したいです!

9時になりいよいよスタートです。河村市長がスタートの合図をします。

20141029スタート直後 人だかりが凄くてよく分かりませんね…

庄内緑地公園の中を2周走ったのち、河川敷を走ります。上司は公園内で早々とお別れをして先に行ってしまいました。
4時間半を目指していたそうです。私は5時間半での完走を考えていたのでペースが全然違います。
名古屋市の北に位置する庄内緑地公園のすぐそばには一級河川の庄内川が流れています。この河川敷をひたすら走ります。

河川敷コース のどかな風景が広がります。

大会名にアドベンチャーとつくだけあってコースは階段の上り下り、雑草地、狭い園路、信号待ちなど通常のマラソン大会にはないコースとなっています。
天気予報では小雨となっていましたが幸いなことに雨は降らず走りやすい気候でスタートできました。
マラソンの思い出」にあるように最初っから飛ばしすぎは失敗するので、アイフォンアプリで6分15秒/kmを維持しながら走ります。なるべく体力を温存しながら一定のペースで歩くことなくホントの意味で完走したいという小さな目標を持って大会に臨みました。

コースマップ

10kmを一時間ジャスト、20kmを二時間5分と一定のペースで走り続けます。アイフォンでは相変わらず6分15秒/kmと表示されていますが、多少の誤差は仕方がありませんね。25kmの折り返し地点後、トイレに行ったときに腰に激痛が走りました。おそらく体が疲労しているので筋肉の緊張が極限まで高まったことが原因だと思われます。25kmから30kmの間は少しでも前傾するとギックリ腰になりそうな痛みが背中を駆け抜けるのでかなりスピードを落として走りました。このときアイフォンを見ると7分5分/kmとなっています。ん??明らかにスピードを落として走っているのにアプリのスピードは速くなるという現象が起きていました。

30kmを過ぎたあたりから痛みのでない腰のバランスというか体の位置を見つけることができたので少しスピードを上げて走りだしました。この辺りからは歩いている人がほとんどでコースの先までクタクタになって歩いている人ばかり…
ちょっと異様な光景です。うなだれている人、上を向きながら歩いている人など様々です。この辺りから足の張りがでてきたのでストレッチをしたかったのですが、また腰が痛くなるのを恐れてストレッチは一切行わず走り続けました。

この頃から心境に変化が表れてきます。応援してくれているスタッフの応援に素直に反応できなくなってきました。どういうことかというと、30kmまでは素直に手を挙げて応えたり、「ありがとう」と声に出して感謝の意を表していましたが、この辺りからは、「頑張れ!!」という声援に態度は手を挙げて応じはしますが、心の中では「もう頑張っている!」と反論するようになっていました。自分では頑張っているつもりなのにはたから見ればまだ頑張れそうなのでしょうか?それとももう限界に見えるから力を振り絞れ!ということでしょうか?

101kmを走ったTOKIOのリーダー:城島さんはどんな気持ちで声援をうけていたのかなぁなどと考えながら機械的に足を動かし続けていました。35kmを過ぎた辺りからは、左の足首や股関節、腰が痛くてとにかく何かを考えて気を紛らわせないと痛くて仕方ないという感覚でした。しかし残り10kmを切ったことでゴールの現実味が出てきてきますが、ここから異常に時間と距離の感覚がおかしくなってきました。

あと3km!

特に残り3kmからはコース間違えているんじゃないか?と疑いたくなるくらい距離が遠く感じ、アイフォンを確認したらまだ一分しか経過していないなど気が狂いそうな時間と距離感覚でした。

あと1km!!

この看板とスタッフの声援でいよいよゴールが本当に近づいてきた実感が湧きます。

そしていよいよゴール!タイムは5時間21分01秒でした。ランナーの方からみたら平凡以下のタイムですが、私には激走の5時間21分でした。

とにかく終わったという思いでホッとしました。少し休憩してから先にゴールした上司とカレーを食べましたが、最高にうまいカレーでした。

最高のカレー 最高に美味し!!

とにもかくにも、フルマラソンを走りきることができました。
走っている最中、特に後半は自分のことしか考えることができませんでしたが、今では大会関係者や声援を送って頂いた方々には感謝の思いでいっぱいです。また、自分が辛くなるとこんなことを考えるんだなぁと知ることもできました。

もう少しで一年が終わりますが、「今年何をやった?」と聞かれたら「フルマラソンを完走した!」と胸を張って言いたいと思います。

ではまた。

ベンジャミン・バトン 数奇の人生 | トップページへ戻る | ダイバージェント

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ