トップ  >  邦画  >  イン・ザ・ヒーロー

イン・ザ・ヒーロー
2015年04月05日

 こんばんは。

 最近は年度末でなんだかバタバタと慌ただしい日々を過ごしています。そんな中、少しだけ救いなのが、電車が空いていることです。卒業式から入学式までの期間は朝の満員電車が緩和されます。場合によっては席が空いているなんてこともあります。それを思うと4月8日以降の満員電車は憂鬱です。私の乗車する駅では8日からゴールデンウィークまでホームに係員が2名配置され、乗客を押し込みます。異常です。

 不思議なのはゴールデンウィークが終わると混雑具合が少し緩和され、7月ぐらいには満員電車ではなくなることです。あれだけ乗っていた人たちはどこに行ってしまったのだろうと毎年不思議に思ってしまいます。みんな会社辞めちゃうのかな?

 今日観た映画は「イン・ザ・ヒーロー」です。

  

監督:武正晴
出演:唐沢寿明 福士蒼汰 他

ストーリー(Amazonより)
 ブルース・リーにあこがれる熱血漢の本城 渉(唐沢寿明)は、“顔出し"で映画出演することを夢見ながら、25年間スーツアクターとしてのキャリアを重ねていた。しかし、“顔出し"での映画出演は叶わず、さらに妻子にも逃げられてしまう。数年ぶりに巡ってきたチャンスも、ハリウッド・デビューを目指す若手新人俳優の一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)に主役の座を奪われ、再び辛酸を舐めることになる……。そんなある日、本城にハリウッドのアクション超大作からオファーが舞い込むが、それは命をも落としかねない危険なスタントだった。周囲の制止する声を振り切り、自分の夢のため、そして誰かのヒーローになるため、本城は巨大なセットが設置された撮影スタジオへ向かう。彼は本当のヒーローになれるのだろうか!?

 私もブルース・リーファンのはしくれとしてブルース・リーグッズや書籍が多数ある、主人公の部屋に共感を覚えます。大学生のころ作品のような部屋になっていました。社会人になってから風呂なしトイレ共同の家賃1万2千円(税込・共益費・水光熱込)の部屋に住んでいたので、本庄の住む部屋のようなボロアパートに懐かしさを覚えます。

 さて、作品はと言えば主演の唐沢さんは過去にスーツアクターをやっていたとのことなので、唐沢さんの人生にも重なるストーリーに魅力を感じました。ラストは「蒲田行進曲」そっくりの危険なスタントに挑みます。映画の設定上ではCGなし、ワイヤーなしですがバッチリ使っています。というより使わないと死んじゃいますね!それぐらい凄いです!!51歳とは思えない動きです!!!

 とある先輩が、戦隊シリーズを正義という名のもとに、相手を5人がかりで寄ってたかってボコボコにする作品と言っていましたが(確かにそうかもしれませんが…)、スーツアクターという視点から観ると凄いことやっているんだなぁと思い知らされました。

 ところで簿記3級受かりました。
 ではまた。

ジャッジ! | トップページへ戻る | そして父になる

このページのトップに戻る

コメント

おめでとうございます

こんばんは。簿記合格おめでとうございます。私も資料は取り寄せてみたのですが実際に受けるかどうか思案しているところです(^_^;)

コメントの編集

Re: おめでとうございます

しろくろshowさん コメントありがとうございます。

現在は簿記2級を取得すべく、せっせと学習しています。直接に仕事に関係はありませんが、新しいことを学ぶ喜びは得難いものだと感じています。

これからもよろしくお願いいたします。

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ