トップ  >  洋画  >  LIFE!

LIFE!
2015年05月23日

 こんばんは。

 缶コーヒーのワンダのCMを観てふと思い出したことがあります。
 
 プレゼンに臨もうとする気合いの入った織田祐二に
 社長(山崎務)「いよいよですね」
 社員(織田裕二)「あったりめーだ!」
 違和感を感じ振りかえるとそこには社長が!! 
というCMですが、観たことありますか。

 今から12年前、現在の会社に転職し2年目を迎えた夏に新しい職場へ現場異動になりました。夕方、友人のM君が「明日携帯電話を買い替えるから5時ぐらいに電話するね~」と連絡をもらいました。

 翌日の5時、知らない電話番号から電話が…
 ゆたかーん!「もしもし」
 電話相手   「Mです!」
 ゆたかーん!「おー Mか、ナイスタイミング!これが新しい電話番号だな!
            ちょうど今仕事終わってさー  ○△%$#~」
 電話相手   「……」 相手は相槌もなく終始無言
 ゆたかーん!「おい、Mどうした?」
 電話相手   「○○のMです!!」

 友人Mだと思っていた相手は会社の専務でした。苗字が一緒というだけで勝手に勘違いをしてタメ口で話していました。あの時は血の気が引きましたね!次の日に視察に行くから最寄りの駅の確認をしたいと言われますます血の気が引きました。翌日は事情を話し平謝りしました。そんな専務は今は副社長です。
 副社長には他にもいろいろ申し訳ないことをしてしまいましたが、幸いなことにクビになることなく今に至ります。

 そんな思い出?もありましたが、今回観た映画は「Life!」です。



監督:ベン・スティラー
原作:ジェームス・サーバー「虹をつかむ男」
出演:ベン・スティラー クリステン・ウィグ

ストーリー
 「Life」編集部で働く主人公は真面目に働いているが、平凡な毎日を送っている。空想の世界に深く入りこんでしまうとアクションヒーロー、好きな女性には情熱的な言葉を言うこともできる。
 しかし、ある日出社するとLife誌の廃刊を知る。Life誌を代表するジャーナリストから最後の同誌の表紙を飾る写真が送られるが、そこに写真はなかった。写真のネガが見当たらないことに気付いた主人公はカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと彼自身の人生の転機、思いがけない人々との出会いの旅となる。

 私も現実逃避をしてボーっと過ごす時間があるので、主人公の気持ちには共感できるところが多くありました。空想の世界に入り込むことなくまずは行動してみよう ってのが自分に向けられたメッセージなのかなぁと思います。

 海外旅行に行きたいと思うだけで行動力がない自分が情けないです。3年後にホノルルマラソンに出ると決めていますが、本当に行けるのか不安な気持ちでいっぱいです。せめて給料が増えるとホノルルに行きやすくなるのになぁ なんて思うとなかなか給料が上がらない現状から現実逃避してしまいます。副社長決裁で給料が3倍に増える空想をしたくなります。

 調子に乗り始めたので、今日はここで終了です。

 ではまた。

パワー・ゲーム | トップページへ戻る | ドラマについての戯言

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ