トップ  >  邦画 時代劇  >  るろうに剣心/京都大火編

るろうに剣心/京都大火編
2015年07月15日

 こんばんは。

 7月も中盤に差し掛かりやっと休みを取ることができました。今回は14日と15日の2連休です。実は休みが少なく疲れ気味だったのですが、8月1日~2日にかけて行われる、あるイベントに参加するため泣き言は言っていられませんでした。

 それは「サマーナイト・ラン・名古屋」に参加することです。夕方6時にスタートして12時間をリレーでつなぎ走った距離を競うイベントです。会社のメンバー6名で参加します。仕事をやらないでこのイベントを満喫するのはちょっと不謹慎な気がするので、少ない休みに文句を散々言いながら、仕事をやっています。

 そんな中、せっかく参加するからには少しでも走って体を慣らしておかないとバテテしまうので、今日は映画を観た後に走りました。「アメリカン・スナイパー」を観たかったのですが、観た後に「走る」となるとアクションものかな!と思い「るろうに剣心/京都大火編」を観ました。



監督:大友啓史
出演:佐藤健 武井咲 藤原竜也 他

ストーリー(Amazonより)
 動乱の幕末で「最強」の伝説を残した男、緋村剣心。かつては“人斬り抜刀斎"と恐れられたが、新時代を迎えて、神谷薫ら大切な仲間たちと穏やかな日々を送っていた。

 そんな時、剣心は新政府から、剣心の後継者として“影の人斬り役"を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる。 新政府に裏切られ焼き殺されたはずが、奇跡的に甦った志々雄は、京都で戦闘集団を作り上げ、日本征服を狙っていた。剣心は必死で止める薫に「今までありがとう」と別れを告げ、京都へ向かう。かつては剣の腕も頭脳も剣心と互角だったが、今や誰もが恐れる魂の凶悪さを持つ最狂の敵・志々雄とついに宿命の対面を果たす剣心。

 だが、志々雄は部下の瀬田宗次郎に相手を命じ、宗次郎の最速の技で、なんと剣心の逆刃刀が真っ二つに! さらに剣心は、志々雄一派以外にも敵がいると知る。剣心に勝って己こそが最強だと証明しようとしている元御庭番衆の四乃森蒼紫だ。 逆刃刀を失くした剣心は、不殺≪ころさず≫の誓いを破らずに、何人もの敵を倒すことができるのか?
最大の危機に立つ剣心のもとへ、薫と仲間たちが駆け付ける。だが、志々雄の企てた京都大火の炎の影に、もっと恐るべき陰謀が隠されていた──!

 エンターテイメント性やアクションの内容など、これだけの規模の作品はなかなかないと思います。原作もむかーしに読んだことありますが、面白かったです。原作の面白さを映像で表現したらやっぱり面白かったということでしょうか。原作の映像化は毎回物議を醸し出しますが、この作品は成功と言っていいのではと思います。

 夏本番がこれから始まります。皆様、熱中症など十分にお気をつけてお過ごしください。

 ではまた。

るろうに剣心/伝説の最期 | トップページへ戻る | アイアンマン

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ