トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  洋画 アクション  >  キングスマン

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロモンの偽証 事件・裁判 その1 | トップページへ戻る | ジュラシック・ワールド

このページのトップに戻る

キングスマン
2016年07月29日

 こんばんは。

 お久しぶりでございます。仕事が忙しく書く気が失せていました。そして不調だったPCが復活しました。(たぶん…)

 ウインドウズをお使いの皆さんは10にアップデートしましたか?私はウインドウズ7を使っていましたが10に切り替えました。自動更新を拒否して7を使い続けるつもりでしたが、セキュリティ更新プログラムの無償サポートなどが受けられなくなるなどのデメリットや、起動時間が早くなるなどのメリットがあるということだったのでアップデートしました。

 その結果、、、起動させると画面が真っ黒になりマウスカーソルしか表示されません。スマートフォンで色々検索し、結局ウインドウズ7に戻しました。パソコンはインターネット環境があれば何でも調べられる便利な代物ですが、パソコン自体がダメになってしまうと何にもできなくなってしまうことに改めて気付かされました。そしてウインドウズ7に戻した代償として立ち上がるまでにとても時間がかかるようになってしまいました。思い切ってパソコンを買い替えようか考えているところです。

 さて、6月29日に観た作品「キングスマン」です。

  

監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース サミュエル・L・ジャクソン 他

ストーリー
 ある日主人公のもとに死んだ父親の友人が現れる。友人の裏の顔は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関「キングスマン」だった。父に命を救われた友人は、主人公を「キングスマン」の新人候補としてスカウトする。

 新感覚スパイアクションというキャッチコピーにつられ借りました。本編の中心はスパイとしてスカウトされ、ライバルたちと過酷な訓練や見習いスパイが成長するという部分が主な内容なので、厳密にはスパイ映画ではないかなぁと思います。そもそも007シリーズも観たことがないので、この作品が新感覚スパイアクションなのかどうかも分かりませんでした。ただ、アクションは小気味よく良かったです。

 続編も決まっているようなので、007シリーズを観てから比較してみようかなと考えています。

 ではまた。

ソロモンの偽証 事件・裁判 その1 | トップページへ戻る | ジュラシック・ワールド

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。