トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  洋画 ファンタジー  >  ハリー・ポッター/炎のゴブレット

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッター/不死鳥の騎士団 | トップページへ戻る | あまくない砂糖の話

このページのトップに戻る

ハリー・ポッター/炎のゴブレット
2017年05月07日

 こんにちは。

 やっと溜めこんでいた観た映画の紹介が終わりそうです。

    4月29日に観ました。

監督:マイク・ニューウェル
出演:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン

ストーリー(Amazonより)
 世界の三大魔法学校が魔力を競い合う伝説のイベント“三大魔法学校対抗試合”の開催が決定した。“炎のゴブレット”が各校の代表選手を選び出す中、立候補すらしていないハリー・ポッターがなぜか代表の一人に選ばれてしまう。かくしてハリーは、火を吐くドラゴンとの対決、深い湖へのダイビング、そして呼吸する不気味な迷路からの脱出などの試練に挑むことに。不穏な空気の中、ついに“例のあの人”が蘇り、運命の対決が迫りくる。

 2001年に一作目が公開され、本作は2005年公開です。ダニエル・ラドクリフはじめ、ホグワーツの生徒たちのリアルな肉体的な成長がよく分かります。若いっていいですね!と思ったりもします。

 三作目までは明るいエンディングでしたが、本作は悲しい結末で物語が終わります。物語の転換期を迎える重要な位置づけとなります。物語が壮大かつ魔法の世界という想像しにくい世界観ですが原作を読んでいたので、初めて観ても話の内容についていくことができました。全作観たら、「ファンタスティック・ビースト」観てみようと思います。

 ではまた。

ハリー・ポッター/不死鳥の騎士団 | トップページへ戻る | あまくない砂糖の話

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。