トップ  >  邦画  >  るろうに剣心

るろうに剣心
2013年07月28日

こんにちは。

しばらく読むのをお休みしていた「ワンピース」を読んでいます。そしてとうとう62巻まで読みました。

しかし、気になるのは読みづらさです。セリフが長く、絵がゴチャゴチャしているので読むのが疲れてしまいます。初期はそんなことなかったのになぁ…
他には「失われた100年」や「天竜人」、「財宝」はどうなったのでしょうか?ストーリーが全然進まないのにどんどん新しいキャラクターが出てくるのも疲れます。しかしあと10冊くらいで、今のところの全巻制覇となるので、頑張って読んでみます。

週刊少年ジャンプは名作を輩出しているコミック誌なので、面白いマンガをこれからも読ませてくれるでしょう。

今回は、金曜ロードショーで放送されていた「るろうに剣心」です。邦画はテレビ初公開が極端に早い作品がありますね。これもその一つだと思いますが、理由は何でしょうか?

原作は大学卒業間近に先輩の家で全巻読破した記憶があります。

  

監督:大友啓史
主演:佐藤健
出演:武井咲 吉川晃司 蒼井優



ストーリー
今から約140年前――動乱の幕末。
最強の暗殺者と恐れられ、<人斬り抜刀斎>と呼ばれた男がいた。
神より速く、修羅より強い、維新の志士。
一対多数の戦いを得意とし、剣を抜いたら最後、生き残る者はいない。
戦いが終わり、明治という新しい時代が訪れ、抜刀斎は姿を消した。「最強」の伝説だけを残して――。
あれから10年、いまだ乱れた世に現れた、ひとりの男。
斬れない刀=逆刃刀で人を助ける、流浪人・緋村剣心。
もう決して人は殺さない<不殺(ころさず)の誓い>を立てた抜刀斎だった。

続編も公開されるらしいですよ。

ではまた。

テッド | トップページへ戻る | ハンガー・ゲーム

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ